筋肉増強剤・アナボリックステロイド~個人輸入代行・通販サイト~

個人輸入代行・通販サイトで筋肉増強剤・アナボリックステロイドを服用した体験記。アナドロール(アンドロリックタブレット・成分はオキシメトロン)は経口剤のステロイドでは最強。クロミド(クロミッド)やノルバデクス、アリミデックスは副作用防止・睾丸機能回復に。

アナボリックステロイド

hCGの男性への驚くべき健康上の利点|筋肉増強・ED(勃起不全)改善

投稿日:

hCGを男性に: 驚くべき健康上の利点

男性は年を取るにつれて、体内のヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の自然レベルが激減し始めます。若い頃は、hCGは睾丸内のテストステロンの産生を促すことによって、男性の性機能全般で重要な役割を果たします。男性にとってのhCGの恩恵は明白です。hCGは、男性の精力を回復し、体を若返らせようとして、中年男性にしばしば処方されます。男性は若返り、精力が増し、性的に元気になったと感じ、体重減少を経験し、かつての若い頃のように筋肉がつき始めます。

HCGの激安通販サイトは、こちら↓

https://craftheads.jp/products/list?category_id=31

https://craftheads.jp/products/list?category_id=31

 

そもそもhCGとは何か?

ヒト絨毛性ゴナドトロピンは237のアミノ酸から成っています。hCGは男性では自然に産生される量は非常に少ないのです。女性では、胎児の成長を助けるために大量に分泌されます。妊娠期には絨毛性ゴナドトロピン胎盤によって産生され、尿中に大量に分泌されます。hCGは妊娠ホルモンと考えられていて、妊娠テストで妊娠を確証するのに検出する主要物質です。

hCGはどのように働くのか?

ヒト絨毛性ゴナドトロピンは黄体ホルモン(LH)に似た働きをします。下垂体がLHを産生し、LHは睾丸を刺激してテストステロンを産生させます。LHのレベルは年齢と共に低下しますが、hCGを増やすと、LHと同じようにテストステロンの産生を増します。これはかなりテストステロンの産生が低下し始めた中年男性には極めて有益です。

低テストステロンの兆候

老化の自然影響の結果、体内のhCGのレベルが減少し、その結果テストステロンの産生が激減します。多くの男性が以下のような身体的変化に気づき始めます。

筋肉量の低下

体脂肪の増加、特に下腹部

意気消沈

性欲の低下

勃起陰茎の軟化

勃起維持困難

容易に勃起状態になれない

睡眠障害

集中できない

胸部組織の肥大、柔化

疲労

主治医は、注意深く症状を評価したあと、おそらく更に低テストステロンを調べる検査を求めるでしょう。理想的には、テストステロン値は午前7時〜10時のピーク時に簡便な採血を行って検査するべきです。低レベルが検知されたら、通例、別な日にもう一度採血を行うことがが勧められます。ハーバード・メディカル・スクールのエイブラハム・モーゲンテイラー医学博士によると、300ng/dl未満の値は低テストステロンと考えられます。

低テストステロンに対する医薬品に関する選択

低テストステロンによる中年太り、筋緊張の減少、そして性欲の減退に直面して、何百万人もの男性は処方のテストステロンが含まれる局所用軟膏、注射、そして皮下インプラントに依存しています。

テストステロン補充療法の危険性

大衆マーケティングによって、多くの男性はテストステロン補充療法は老化による問題の全てに対する魔法のような答えであると考えていますが、現実には外からテストステロンを体内に加えるのにはかなりの危険性があります。テストステロン補充療法を行うことにした場合に、直面する可能性のある健康上のリスクのいくつかを以下に挙げます。

前立腺がんリスクの増加

心臓の障害

不妊

血栓

脳卒中

動脈プラークの蓄積

前立腺肥大

極端な感情の起伏

骨密度の低下

甲状腺疾患

皮膚炎

高血圧症

第三者がテストステロン局所薬に触れる危険性

局所テストステロン薬(例:男性ホルモンクリーム剤グローミン)はテストステロン配合の塗り薬のこと。場合によって、局所テストステロン薬は、あなただけでなく、奥さんや子どもなど、うっかり軟膏に触れる可能性のある、どんな人にとっても危険なのです。局所薬という選択が適切なのか真剣に考える必要があります。局所薬を使うたびごとに、周りの全ての人にとって危険だからといって、全身を覆うボディスーツを着用しなければならないと思いたいですか?

第三者がテストステロン局所薬に接触する危険性をいくつか挙げます。

思春期の早期発現:子どもを抱いて、局所薬が擦れ取れてその子どもに付着したら、その子どもの思春期の早期発現を促進しかねません。

体毛:女性や子どもが薬剤に触れて、体毛の生育を引き起こしかねません。

皮膚炎:配偶者や子どもなどが、使用者の皮膚についた局所hCG薬に触れて、皮膚炎やにきびを引き起こしかねません。そのような状況は、局所薬の使用者から第三者への転移です。

hCGの男性への投与と低テストステロン治療

テストステロン補充を用いることに伴う非常に多くの副作用と問題があるので、少しがっかりさせてしまったかもしれません。でも、どうやって身体のテストステロンの産生を自然に増加させるかには答えがあるのです。そしてその答えとは、安全にヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)を体に補い、自然に睾丸にテストステロンを若い頃のレベルで産生するように促すことです。hCGを男性に投与することで、テストステロンのレベルを上昇させて、若返ることによる身体的な利益を享受できることは、証明されていることです。

テストステロンを増加する利点

体のテストステロン産生を若い頃のレベルに増やすことが身体的な幸福に益することは間違いありません。体のテストステロンのレベルを回復することの恩恵をいくつか挙げます。

筋肉量の増加

抑うつ状態に対する抵抗力

体脂肪の減少

性機能の改善

性的興奮の感じやすさの増加

心臓の強化

勃起改善

骨密度の改善

アルツハイマー病のリスクの減少

パワーと支配力が増加した感じ

性的魅力の増加

hCGの男性への投与の利点についての理解

睾丸がより多くのテストステロンを産生するよう促すことは全般的な健康を増進することになります。しかし、hCGの男性への投与は、体を若く保つ上で他にも多くの欠くことのできない役割を果たします。

男性用改良hCGの13の驚くべき利点を挙げます。

筋肉量の増加

性的能力の向上

精力の増加

精子の産生の上昇

睾丸の健康改善

メタボリズムの強化

より若々しい気持ちになる

認知力の向上

より強い勃起を促進

身体的な持久力の改善

関節炎を発生するリスクの減少

骨密度の増加

赤血球数の増化

なぜ男性にhCG注射を用いるのか?

男性へのhCG注射が正しい選択なのだろうかと思っているかもしれません。hCGは米国食品医薬品局にサプリメントとしての使用は認可されていませんが、他の身体疾患の治療に広く処方されてきました。医師は精子の産生と運動性の低下による不妊の克服のためにhCG注射を処方することがよくあります。睾丸の不調を治療するためにもこの注射が用いられます。このホルモンの経口使用は肝臓毒性を引き起こし、比較的効果が薄いことがわかっています。脂肪の多い部分で皮下投与すると、体は容易にhCG注射を吸収します。男性に対する注射によるhCG投与は有害な副作用は全くありません。

どこでHCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン注射薬)を購入するか

ヒト絨毛性ゴナドトロピン注射薬は米国の小売店以外で購入しないでください。(日本にいる方は、「サプリ館」というサイトでHCGを購入できます)多くの海外のマーケットは純粋なヒト絨毛性ゴナドトロピン注射薬を宣伝していますが、必ずしもその通りではないかもしれません。

理想的には、購入するヒト絨毛性ゴナドトロピン注射薬は次の基準を満たしているべきです。

原産地:製品は原産地が米国のものでなければなりません。

連絡:小売業者と常に容易に連絡が取れなければなりません。

知識が豊富である:小売業者は製品について知識が豊富で頼りになる存在でなければなりません。

ガイドライン:購入時に、注射薬の使用方法につての詳細な案内を必ず受けなければなりません。

製造:小売業者はホルモン剤の製造に関する全ての情報を提供できなければなりません。

男性向けhCG食事療法

1950年代に、大変尊敬されている内分泌学者のアルバート・T・W・シメオン博士は性腺や下垂体の問題を患う患者のヒト絨毛ゴナドトロピン注射による治療を始めました。彼はその治療中に、患者が激しい飢餓感に苦しむことがほとんどないことに気づきました。彼はさらに食事とヒト絨毛ゴナドトロピンの相関関係の調査に着手し、栄養不良でありながら、健康な赤ちゃんを出産する妊婦を研究しました。彼はこのホルモンが、成長する胎児に栄養を与えるために、女性の体が脂肪の蓄えを利用できるようにしていることを発見しました。ヒト絨毛ゴナドトロピンは人間の体が燃料として脂肪を急速に燃焼するのを促進する能力を持つのです。

シメオン博士の男性向けhCG食事療法を行う方法

この食事療法に従い、脂肪燃焼を始めるのに成功するにはどうしたらよいかに関するいくつかのヒントを挙げます。

1日500〜800カロリーの食事を貫く

自然食品だけを摂る

毎日の水の摂取量を増やす

毎日の食事からデンプンや甘いものを取り除く

毎日少なくとも8から10時間睡眠を取る

いかにしてこの食事療法がヒト絨毛ゴナドトロピンの自然産生を増加させるか

機能するのに必要なカロリーを体から奪うことで、強制的に視床下部に体により多くのヒト絨毛ゴナドトロピンを産生する司令を出させます。ヒト絨毛ゴナドトロピンが増加しないと、体は筋肉を分解し始めます。カロリー摂取を減少させることが自然に体のホルモンの産生の増加を促すのです。体が自然にホルモン産生を増加させた状態を、市販の注射薬と組み合わせれば、確実に体重減少の成功への道を歩むことになります。基本的に、栄養不足の妊婦の体が、胎盤に栄養を与えるために脂肪の蓄えを用いるという身体的な状況を再現していることになるのです。

十分なヒト絨毛ゴナドトロピンを摂取しているかどうかを確かめる方法

体が十分なヒト絨毛ゴナドトロピンを受け取っていれば、たとえ低カロリーな食事を摂っていても、空腹感を感じないでしょう。空腹感を感じないのは、体が蓄積した脂肪を使っているためです。飢餓感を感じるようであれば、男性用ヒト絨毛ゴナドトロピンの服用量を増やす必要があります。通例、男性用hCGの服用は125 IU〜175 IUのレベルが最も効果的です。大柄の男性のhCGの服用量は1回につき200 IUになる傾向があります。覚えていてほしいことは、痩せるに従って、必要な服用量は減らして良い、ということです。空腹感を感じなくなるまで、10〜15 IUずつ増加して服用量の調整を行うべきです。

正しい服用量を摂取しているの時の感じ方

ヒト絨毛ゴナドトロピンによって、食事を大量に食べた時のような「満腹」感を得られることは決してありません。多くの人がhCG食事療法でくじける原因はこの誤った呼び名にあります。十分なホルモンの服用量を摂取していれば、満足感を感じるでしょう。少量の食事を摂れば、それ以上食べなくても済むような満足感を感じるでしょう。1日中、過度の飢餓感を感じることはないため、食事をコントロールすることができるようになります。

どのくらいの期間注射を受けるべきですか?

hCG食事療法プロトコルに従っている場合、ホルモン注射は3〜6週間にわたって受けなければなりません。その後、体を安定させるために休みを入れても構いません。厳格なカロリー摂取プランに従って、正しく注射を受けていれば、1日に1〜2ポンドずつ体重が減少するはずです。体重減少の大半は、この食事療法の4〜8週の期間に生じるでしょう。

急激なダイエットはうまくいきません

多くの人が、脂肪を燃焼するのにホルモン注射に頼らなくても、クラッシュ・ダイエットを行って単にカロリーの摂取量を減らせばいいと誤って考えてしまいます。不幸なことに、そのような過激なダイエットをすることを選ぶと、体に影響がでます。疲労を感じ、身体的なエネルギーを失い、免疫機構が最高の状態で機能せず、ウィルスの攻撃を受けやすくなってしまうでしょう。

論争を呼ぶ研究と、体重減少のためのヒト絨毛ゴナドトロピン

アムステルダム自由大学の学外医療研究機関の研究者グループは、8つの比較試験と16の一般試験を実施して、男性用のヒト絨毛ゴナドトロピンの体重減少における利点を判定しました。研究者グループは、hCGは脂肪分布の点から、体重減少に関しては何も利点はないと結論づけました。参加者の空腹感の軽減にも何も役立ちませんでした。

アナボリック・ステロイドとヒト絨毛ゴナドトロピン

多くのアスリートやウェイトリフターが、パフォーマンスの向上や筋肉量の増加のためにアナボリック・ステロイドに頼っています。ヒト絨毛ゴナドトロピンは、ステロイド剤の使用によって激減した、適切な内在的テストステロン産生を回復するために、しばしばアナボリック・ステロイドと併用されます。通例は、6〜8週の短期間のアナボリック・ステロイドの周期の後に、ヒト絨毛ゴナドトロピンが用いられます。

ステロイドの大量使用と注射による服用量

12週にわたって大量にステロイド剤を使用すると、しばしば睾丸の萎縮が起こりますが、ヒト絨毛ゴナドトロピンホルモンがテストステロンと精子の産生の回復に役立ちます。12週のサイクル全体にわたってステロイド剤を使用する場合は、通例このホルモンを週に1〜2回、250〜500 IUの服用量でステロイドと共に投与します。

ヒト絨毛ゴナドトロピンとホルモン補充療法

ホルモン補充療法を受けた男性は、睾丸のテストステロンの激減のため、性生活の回復に苦労することがしばしばあります。ヒト絨毛ゴナドトロピン(HCG)の投与が、睾丸が再びテストステロンを産生するのを促し、性生活の回復に役立つでしょう。

ヒト絨毛ゴナドトロピンは男性のテストステロン産生を増加させる有用なホルモンとして広く受け入れられています。しかし、hCGのダイエット補助食品や食欲抑制剤としての使用は未だに不透明です。これが本当に体重減少の軌跡のホルモンであるかどうかを判断するには、さらに研究が必要です。

加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群に効果があるので、普通の中高年の方のED(勃起不全)の改善や制欲向上・気力や筋力回復にも効果。

 

参考: https://www.hcgspot.com/hcg-for-men

 

HCGの激安通販サイトは、こちら↓

https://craftheads.jp/products/list?category_id=31

https://craftheads.jp/products/list?category_id=31

 

-アナボリックステロイド
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

テストステロン・エナンセートの通販|効果と副作用

目次1 テストステロンエナンセート(エナント酸テストステロン)?服薬サイクル、副作用そして投薬量2 テストステロンエナンセート(エナント酸テストステロン)とは何か?3 テストステロンエナンセート(エナ …

no image

HCG (性腺刺激ホルモン)【最安値】個人輸入で安く購入可能

HCG ①アナボリックステロイドを利用するビルダーとは、睾丸機能が低下することによって、十分な性欲が湧かないなどのトラブルを引き起こしやすい。 アナボリックステロイドを使用するユーザーとは、睾丸の機能 …

no image

女性がアナボリックステロイドを使用する効果と副作用

目次1 女性とアナボリックステロイド2 なぜ女性はAAS(アナボリックステロイド)を摂取するのか?3 身体への副作用4 行動への副作用5 生理学的な副作用6 ボディビルダーにとってのその他の危険 女性 …

no image

hCGは加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群の治療にも効果

目次1 男性更年期障害について2 男性更年期障害の症状具体例3 男性ホルモン補充療法について4 テストステロン補充治療の副作用について5 加齢男性性腺機能低下(LOH)症候群について6 加齢男性性腺機 …

no image

女性化乳房を防ぐ!ノルバデックス(Cytotam)の通販

目次1 ノルバデックスジェネリックの特徴2 ノルバデックスジェネリックの効果・効能3 ノルバデックスジェネリックの口コミ4 ノルバデックスジェネリックの利用制限5 ノルバデックスジェネリックの通販サイ …